SHARE

Tana dinerの「ローカルコミュニティ」【あのお店のアレ vol.16】

HOME SPOT Tana dinerの「ローカルコミュニティ」【あのお店のアレ vol.16】

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅のはじめに訪れたい、とびきりのタイ料理が味わえるローカルダイナー。

見知らぬ土地を訪れたとき。たった1軒だけでも、地元の人々から愛される食堂や居心地の良いカフェ、いい飲み屋さんなどを見つけると、急激にそのまちがホームに感じられる、ということがあります。

煮込みとお惣菜スタンド ウエトミ」と「aux」で、次に訪れるべきオススメのお店をきいたときに、即座に名前が挙がったのが「Tana diner」。まさしく、代々木上原をはじめた訪れた人、暮らし始めたばかりの人は行っておくべき所、とのことでした。

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

場所は上原と八幡をむすぶ地蔵通りのなかば(MAP)。ネオンサインが目印です。

ー特におすすめのポイントは?

「名物は、蒸し鶏の土鍋ごはん。ものすごく美味しいです。だけどそれ以上にTana dinerは、はじめてひとりで行っても、自然と他のお客さんとも仲良くなれるようないい空気感がいちばんの魅力。夫婦ふたりでやっていて、その人柄に惹かれて集ったお客さんたちもみんなやさしいです」(「aux 」小笠原さん

aux(オグジュアリー)の「auxボール」【あのお店のアレ vol.13】

「ウエトミの営業が22時までなので、2軒目3軒目どうする?というお客さんにはよくTana dinerを案内します。紹介しすぎて、姉妹店のような関係です(笑)。カウンターがメインの小さなお店ですが、ウエトミを気に入ってくれる方はほぼ間違いなく好きだとおもいます」(「煮込みとお惣菜スタンド ウエトミ 」成美さん

煮込みとお惣菜スタンド ウエトミの「コの字カウンター」【あのお店のアレ vol.11】

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

「aux」の小笠原さん

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

「煮込みとお惣菜スタンド ウエトミ」の成美さん(写真右)

ご紹介いただいたニュアンスから、Tana dinerが単に良いお店、というだけでなく近隣で働いたり暮らすひとびとから愛されているお店だということがひしひしと伝わりました。

 

(Instagramをのぞくと、つい先日3周年をむかえたばかりとのことでした。人がいっぱい!)

これは単に「蒸し鶏の土鍋ごはんがめちゃくちゃウマいぞ!」というだけでは語り尽くせないと思い、「Tana dinerってどんなお店なの?」「どうして近隣の人々に愛されているの?」ということを聞いてきました。

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

お店のあるじ、タナダイこと田中大輔さん。

武蔵野美術大学を卒業後、料理研究家・栗原はるみさんのもとでデザイナーとして働き、その後、南青山の「タヒチ」・代々木上原の「カームス」でバーテンダーを経験、Tana dinerの立ち上げにいたります。デザイナーから飲食の道へ進んだ異色のキャリアの持ち主です。

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

名物の蒸し鶏土鍋ご飯  ¥1,400

おいしいご飯って、すごい。

タナダイさんが飲食の道へ進んだのは、デザイナー時代の経験が大きかったといいます。

「栗原はるみさんの会社でお仕事をしていると、実際にいろんな料理をいただいたり、おいしいお店に食べにいく機会もあって。そのころに、ああ、料理ってすごいなと感動したんです」

「例えば、ニョッキってあるじゃないですか。はじめて食べたとき、衝撃をうけました。じゃがいもってこんなにもちもちになるの?って。自分は北海道出身なのですが、道内だと刺し身のっけごはんとか、素材を丸焼きして食べるとか、そんなノリなんです。素材そのまんまが一番ウマい、と。栗原さんのところにいたときに、外食もふくめていろんな料理をたべさせてもらって、驚きの連続でした。これも表現のひとつなんだなって」

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

Tana dinerのルーツになった、名店たち。

そんなデザイナー時代、タナダイさんが「週4で通う」ほど惚れ込んだのが、小さなタイ料理屋さんでした。

「偶然、昼休みにふらりと立ち寄ってみたお店だったのですが、東京におけるエスニック料理の第一人者というか、すこぶる美味しいタイ料理をつくるチャップさんという方のお店だったんです。タイの宮廷で修行をされて、表参道の著名なタイレストランで料理長を勤めていた方。あまりにその人の料理がおいしくて、しばらくしてそのお店は閉店したのですが、チャップさんが南青山の『タヒチ』で料理長をしているという情報をゲットして。そこで働かせてもらおうと門をたたきました。もともとはキッチン志望だったのですが、チャップさんから“だいちゃんはバーテンが向いてそうだから、バーテンダーやってみない?”といわれたのがきっかけで、そこからずっとお酒の担当です」

同時期に、「タヒチ」のキッチンで働いていたのが、いまTana dinerを一緒に切り盛りしている奥さんの美香さんです。つまり美香さんはチャップさん直伝のタイ料理をはじめとしたエスニック料理を体得しており、名物の蒸し鶏土鍋ごはんもチャップさんが開発したレシピがベースになっているそうです。

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯 代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

カオマンガイに、お味噌など和食のテイストを加えた土鍋ご飯。鶏を6時間ほど煮込んだスープをベースに、ナンプラーなどで味付け。スイートソイソースなどの3種類のソースをかけて、混ぜ込んで出来上がりです。およそ3人分あるため、ひとりでオーダーして食べきれないときは、おにぎりにして持ち帰ることができます。ファンも多く、他のお店で飲んでいても、〆にこれだけを食べに来る方がいるほど。

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

みょうがと大葉のラープ ¥800

美香さんのつくるご飯はどれも美味しい上にバリエーションも豊富。エスニックが苦手、という方でも、日本人の口に合う味付けになっているのでおすすめです。

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

南青山から、代々木上原へ

ふたりとも「タヒチ」を辞めたあと、美香さんは、「サンカントサンク」へ。

タナダイさんも、上原へ通ううちによく訪れていたバー「カームス」で働くことに。(※カームスは現在池ノ上に移転し、「KOTOBUKI」というバーになっています)

「お手伝いしているうちに、どんどん楽しくなって、2年半くらいそこでお世話になりました。カームスによく飲みにきていたジョージさんという方が、もともとこの場所でハンバーグ屋さんをやっていたんです。お店を移転するから、そのあとやらない?とお誘いいただいて、カームスのナオさんに相談したら、いいね、やってみなよと背中をおしてもらって、自分のお店をやれることになりました」

その頃、タナダイさんが「サンカントサンク」を訪れたときに、たまたま隣に座っていたのが、後に「ウエトミ」を立ち上げる大野さんだったり、上原で働くなかで自然と人の輪が広がっていったそうです。

「お店は、街の人々に育ててもらうもの」料理人・丸山 智博さん

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

「ジョージーズキッチン」時代からの内装の変化は、カウンターを高くして、壁を白く塗ったぐらいの最小限の手入れなのだとか。

 

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯 代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

どんな夜でも、一度きり。

料理とお酒。それぞれの領域を突き詰めつつ、上原の名店ではたらいていたふたりが立ち上げたTana diner。ここからは、Tana dinerの居心地の良さはどこからくるのか?を聞いていきます。

 

ーお店で日々お客さんを迎える上で、大切にしていることは?

田中:いろんな方がいて、人それぞれ価値観も違いますけど、一緒にカウンターやテーブルを囲めるような場がつくれたらいいなぁとおもっています。誰もはじかれないような場所というか。

ー居心地がいいね、といわれる理由はどのあたりにあると思いますか?

田中:空気感としては、僕が適当っていう部分もあるとおもいます。多少のミスも許してもらえる、お互いに気を張らなくていい状態。お酒を出す場所をまちがえたりとか、話に集中しすぎてオーダー忘れるとか、、ってこれだんだんダメな話になっちゃうのでこれ以上はやめておきます(笑)。

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

ー空間づくりにおいて、工夫しているポイントはありますか?

田中:小さなお店なので、週末は、5人くらい立っていただくこともあって。女性がきたら、男性が席を譲ってそこでコミュニケーションが生まれたり。もともと自分もクラブだったりパーティーも好きだし、立ち飲みも好きなんです。この狭さは逆によかったかなーとおもいます
 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

ーいま実際カウンターに座っていて、なんとなくお店が開いているような感覚というか、目の前の通りの一部としてTana dinerがあるような気がしています。

田中:このあたりはいいお店の選択肢がたくさんあるので、あくまでそのなかの一部なんですよね。上原だと「サウダーヂな東京」ってバーだとか、近くには「ナナメ」ってバー、さらにその隣にはうちに通ってくれていた方がひらいた「寧場」も面白いです。

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

田中:八幡のほうに行けば「ウエトミ」も「aux」もあって、富ヶ谷の交差点には「ザンジバル」って飲み屋もあって。時間帯や、何食べたい?って気分で、選んで、あっちいっぱいだったらこっちに行こうとか、周遊できるのは楽しいとおもいます。

ーいちばん楽しいやつですね。

田中:隣は朝の5時まで、ながければ7時とかまでやってるので。僕らも営業終わってからもそっちに行ったりします。毎週末、笹塚とか砧のほうからこのあたりに来るって方もいますよ。

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

ーさきほど、適当さが居心地の良さにつながっているかもというお話ありましたが、失礼になってはいけないし、絶妙なバランスが必要ですよね。

田中:僕はあんまり気がきくタイプではないのですが、細かいことをいちいち気にしてしまう、いわば小心者なんですよね(笑)。お店って基本的に、どれだけ通っていても、次から来なくてもいいわけじゃないですか。

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

田中:毎回が真剣勝負っていうと堅苦しい言い方になってしまいますけど、次きてくれるかはわからないよな、と思いつつ接しています。表層的な部分ではないところで、自分なりにちゃんとする。友達と接するのと近い感覚ですかね。

ーおお〜なるほど。

田中:いつもきてくれる方でも、今日はぴんとこない感じでかえったねってなると、ちょっと落ち込みます。何回きてるからとかではなく、もっとこうしたら楽しかったかなーとか、反省してます。

飲んで、お酒が入っちゃうと、いくぞーみたいな、オラオラー、って、そういう感じなんですけど。

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

ーもしも、後輩とかが、自分もタナダイさんみたいなお店やりたいです!ってアドバイスを求められたとしたら、なんと答えますか?

田中:うーん。そうですね。「お酒にこだわらない」ですかね。いろんな方向性がありますけど、お酒はあくまで道具のひとつ。ゴルフにおける、ゴルフクラブみたいなものです。必要不可欠だけど、最優先ではない。ラウンドがたのしいのがいちばんです。丁寧につくったり、飲みたいものがあるのは最低限必要ですけど、突飛なことをしないようにすると、お店に立つほうも楽しめるというのはあります。ただ僕たちが正解だと限らないので、あんまり真に受けないでください(笑)

 

<その他、ドリンクメニューやお店のこと>

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

タナダイさんが働いていたバー「カームス」時代の師匠、ナオさんが考案した「上原ハイボール」 ¥700

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

「アップルワインをジンジャーで割ったものです。甘くてさっぱりしていて女性に人気です」

上原ハイボールを考案したタナダイさんの師匠・ナオさんは池ノ上で『KOTOBUKI』というバーをやっており、上原からは離れてしまっているため、上原ハイボールが飲めるのは2018年現在 Tana dinerのみになります。代々木上原特化メディアとしても要チェックなドリンクです。

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

「本業はデザイナーの方なんですけど、月1回ポップアップで豆を販売しているDITTOというロースターもおもしろいです。うちのコーヒー焼酎は、DITTOさんの豆を漬け込んでつくっています」

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

近隣で活動しているスタイリストとフォトグラファーが制作している、超イケてるZINE『Engram』。海外ロケも含む撮り下ろしカットがフルカラーで掲載されており、なんとテイクフリー!Tana dinerに置いてあるもの・貼ってあるものは何かしらひとのつながりに関連していることがあるので、気になったものは、これなんですか?とドシドシきいてみましょう。

 

 

 

代々木上原 tanadiner タナダイナー タイ料理 蒸し鶏土鍋ご飯

Tana diner

住所:渋谷区元代々木町9-6
営業時間:18:30〜2:00
定休日:火曜
SNS:Instagram

 

RELATED

関連記事

POPULAR

人気の記事

LATEST

最新の記事

VIEW MORE