SHARE

富ヶ谷のヘアサロン「EPO HAIR STUDIO」で、必ず体験したい3つのこと。ハーブを使った頭皮ケアが導くウェルネスライフ

HOME SPOTS 富ヶ谷のヘアサロン「EPO HAIR STUDIO」で、必ず体験したい3つのこと。ハーブを使った頭皮ケアが導くウェルネスライフ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

代々木上原のご近所・富ヶ谷エリアに一風変わったヘアサロンがあることはご存知? 何も知らずに店の前を通りかかったら、すぐに美容室だとは気づかないかもしれない。ぱっと見は、植物を培養する温室か、何かの研究所かな……?とも思える建物。それこそが今回紹介するヘアサロン「EPO HAIR STUDIO(エポ ヘアスタジオ)」だ。

 

“New Beauty”を叶えるサロンの佇まい

2018年12月にオープン。この独特な店舗スタイルは、EPO HAIR STUDIOの美容理念である“New Beauty”に基づいて導かれたカタチ。一般的なヘアサロンにある要素(カット台、シャンプー台、その他パーマなどの機材)に加えて、「ファクトリー」と「ラボ」のスペースが併設され、シャンプーやトリートメントをはじめとするサロンで使うプロダクト(ヘア剤)の開発・制作および、そのプロダクトに用いるハーブエキスの精製なども店舗内で行われている。

プロ用のヘア剤は様々にあるだろうに、なぜここまでこだわるのか? 理由は至ってシンプルで「サロンを開くにあたり、自分たちが店で使用するのに納得できるプロダクトが無かったから」。なら、自分たちで造ればいいと、チームは動き出した。

▲EPO HAIR STUDIO ディレクター Yasuoさん

▲EPO HAIR STUDIO スパリスト Ioriさん

その仕事は、フィールドワークからスタート。ハーブの薬効を美容に生かしたいという考えから、必要なハーブを生産する農家のリサーチを重ね、国内外の信頼出来る生産者から買付け。生産者から手に入らないものは、スタッフ自ら野山(許可を得ている)に入って季節ごとに収穫をする。コロナ禍も相まって採取に行くことが難しくなったハーブは「ファクトリー」で育てることも始めた。

そうして集めたハーブは、「ファクトリー」に備えられた“Alembic(アランビック)”と呼ばれる単式蒸留器で日々蒸留し、エッセンシャルオイルとフローラルウォーターに精製。数にして70種類以上。このエッセンシャルオイルとフローラルウォーターを用い、「ラボ」にてシャンプーやトリートメントをはじめとする、サロンのためのプロダクトの開発・製造が行われている。

▲EPO HAIR STUDIO 製造・製品管理 Seinaさん

▲名物・生シャンプー。後ほど紹介

長い道のりを経て生まれた自家製プロダクトは、サロンの施術を通して体験することができる。さらにお客さんに使用して得た気づきをフィードバックし、改良に生かすまでが一連の流れで、EPO HAIR STUDIOのルーティン。

さて、この斬新かつ前衛的、そしてどこまでも安心と安全を大切にしたサロンで、いったい何のメニューをオーダーしたら同店ならではのこだわりを堪能できるのか? 今回は、初めてEPO HAIR STUDIOを訪れる人にも、ぜひ、体験してもらいたい3つの施術も紹介したい。

 

EPO HAIR STUDIOで必ず体験しておきたい3つのこと

【MENU01.】ティンクチャー頭皮トリートメント

「ティンクチャー頭皮トリートメント」¥8,000(施術時間:クレンジングを含め約60分)

“ティンクチャー”とは、ハーブを40%の高濃度アルコールにつけたもの。この施術「ティンクチャー頭皮トリートメント」では、複数種のハーブをブレンドして作られたティンクチャーのラインナップから、用途や悩みに合わせて適当なものをチョイスし、トリートメントを行う。なお、国内では同店でしか受けられないメニューの一つ。

「EPO HAIR STUDIOは、原料となる植物やハーブの加工、製造過程の話から始まる一風変わったヘアサロンです。私たちは、健康的な美しさの延長にある美容、人の生活をより豊かにするための美容、美意識のある合理性と生活ニーズにマッチした美容、既存の概念から解放される事で生まれる、新しい美容の追求を日々行っています」(ディレクター Yasuoさん)

施術されるお客さんは、耳栓をしてシャンプー代に頭を預ける。器具からこめかみ部分に一滴一滴落とされるティンクチャーのドロップによる刺激によって自律神経が整っていき、同時にフケやかゆみといった頭皮環境の改善もサポート。理想は月一回程度、継続的に行っていくのがベターとのことだが、まず一回体験してみるだけでも、この新感覚のトリートメントは、頭皮だけでなく心身面もリラックス&リフレッシュしていることを実感できるはず。

 

【MENU02.】ハーバルヘッドスパ

「ハーバルヘッドスパ」¥15,000(施術時間:約60分、最初に20分かけて行う生シャンプーを使ったクレンジング時間を含む)

ヘッドスパも人気のメニューで、カットやカラーとは別日にわざわざ足を運ぶ人も多い施術。気持ちがいいのは言わずもがな、抜け毛や薄毛予防、フェイスラインのリフトアップにもアプローチしてくれるって知ってた?

「なんとなく心身の調子が良くないな、疲れを感じるなというとき、ヘッドスパで頭皮をリラックスさせてみるのはどうでしょう? 直接的に頭皮に悩みを感じていなくても、頭皮が整うと心身が元気になることって実は結構あるものですよ」(スパリスト Ioriさん)

EPO HAIR STUDIOのヘッドスパは、テーマ別に異なったブレンドで6種類のエッセンシャルオイルと効能別にミックスされたハーブパウダーから、施術を受ける人の香りの好みや悩みを把握し、一番合うものをセレクトして使用する。選んだエッセンシャルオイルをふんだんに使用したマイクロミストのディフューザーを炊き、施術開始から終了まで、呼吸からもハーブのパワーを吸収。ハーブパウダーは、頭皮用のマッサージクリームに直接混ぜ込み、頭と首筋のマッサージをしながら皮膚からハーブのエッセンスを得るというもの。

 

【MENU03.】生シャンプー

「ハーバル生シャンプークレンジング」¥5,000(施術時間:45分、クイックドライ込み)※ブロードライ、アイロンセットは別途。また、施術によってはシャンプーが込みのメニューもあり、その際にもこちらの“生シャンプー、トリートメント”を使用。
このヘアサロンでシャンプーをする際に使われるのが、自家製の「生シャンプー、コンディショナー」。仕込みは毎朝行われており、その名の通り作り立てのフレッシュなシャンプー&コンディショナーだ。店内の「ファクトリー」で蒸留搾油したエキストラバージンオイルをベースに、専属の研究員が季節に合わせたエッセンシャルオイルをブレンドして作られていて、そのレシピは月替わりで更新され、季節の変化や香りそのものの変化を楽しめる。

「EPO HAIR STUDIOオリジナルの生シャンプー、トリートメント。特筆すべきことは、エッセンシャルオイルの配合量です。エッセンシャルオイルを贅沢に使用した生シャンプーのアイディアは、自社で蒸留搾油を行う事で実現可能になったもの。サロンで生シャンプーをしてから数日間は香りが持続する!と、お客様より驚きの声が寄せられています」(製造・製品管理 Seinaさん)

日々仕込んで一回分ずつシリンジにセットされる生シャンプー、トリートメント。ちなみに月替わりの香りに関しては、これまでに同じブレンド(同じ香りのリピート)のものを打ち出したことはないそうで、常連さんは毎月、新しく生み出されたフレッシュな香りを楽しみにしている人も多いそう。

 

新年度がスタートして1ヶ月経ち、心身ともにお疲れぎみの人も多いのでは? いい食事、いい睡眠と合わせて、富ヶ谷のヘアサロン・EPO HAIR STUDIOで、頭皮ケアをしてみるのはどうだろう。もちろんカットやカラーリング、パーマなどもできるので、例えば、カットプラスαで上の施術を体験してみるのもいい。

頭皮や髪が整うと、自然と前向きになれることもありそうだ。サロンメニューの一覧やプライスの詳細は、記事末に記載のオフィシャルサイトから。

EPO HAIR STUDIO

【住所】東京都渋谷区富ヶ谷1-9-15 1F

【営業時間】10:00〜20:00(月曜のみ 8:00〜17:00)※木曜:サロン定休

【電話】03-6407-9970

【LINE】@epohair

【WEB】 HP / Instagram

 

ALL PHOTOS:SHUNYA SASAKI

RELATED

関連記事

POPULAR

人気の記事

LATEST

最新の記事

VIEW MORE